100%フタゴリアン

1卵性双子成長録。私達の生活は100%異星人フタゴリアンの支配下に

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
私の出産の時のことを書いてみようと。
発育遅延&切迫早産で2ヶ月半ほど暇な病院生活な私。でも、36週になっても、37週になっても生まれる気配ナシ。土日を利用して外泊許可をとり、動き回っても、ウンともスンともいわない子供達。子宮口は3cm開いてるのに、
階段を駆け上がろうが効果なし。
38週に入り、赤ちゃん達も多分2000gを超えただろうとの判断で、陣痛促進剤を入れる事になりました。前日は、どきどきして眠れなかったなー

朝から錠剤を飲むと、感受性の強い体らしく、すぐに陣痛がつきました。想像よりも、結構平気で、あれ??という感じ。痛みには弱い方なんだけど…。
陣痛の波と波の間にどれだけリラックスできるかで、子宮の収縮が変わるから、リラックスすると短時間ですむ、と助産婦さんに聞いてました。
なので、波の合間にはチョコレートケーキを食べたり、談笑で馬鹿笑いをしたり
で、きたきたとゆうような強い波がくると、あれよあれよとゆう間に全開し、分娩台へ。
いきんでもいきんでも、最後の1歩が出ないという感じ。ジュンの頭のハチが引っかかって。会陰切開してもらって、ジュンがこんにちは!
4分遅れで、すっごくスルリとセイがこんにちは!
陣痛から4時間50分で出産となりました。
心配していた2人の体重も2142gと2240gでした。
ダンナ君が立ち会ってくれたので、2人で頑張って生んだと言う感じ。感動してくれてたのが、スゴク嬉しかったな


お昼に誕生したので、毎月14日のお昼頃には思い出します。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。