100%フタゴリアン

1卵性双子成長録。私達の生活は100%異星人フタゴリアンの支配下に

サンプル百貨店さん主催のRSPin大阪でいただいた商品のモニタリングです。

「幸せですか?」
さてこの問いに日本人は、どう答えたでしょーか?
私に聞かれたら、そうねぇ、「まぁそこそこ」なんて答えちゃうかなー。
ニッポンジンですもの、奥ゆかしいですから。照れ屋ですから。
健さん級に不器用ですから。
というわけで、「世界の幸福度調査」によると、日本は43位
でも照れる国民性を考えると、実質はもちょっと上なのかな。と思ってみたり。
じゃー、次!
オーストリアのチロル州の州都インスブルックでのマクドの看板は何色でしょーか?
答えは!
IMG_9859.jpg
オサレ色。(それは何色だ

3月にリニュした新聞「SANKEI EXPRESS(以下 EX)」からの出題でした。
SANKEI EXPRESS」ってご存知ですか?
IMG_9867.jpg
私が、今回のRSPで平田編集長さんのプレゼンを受けて感じたことは
新聞そのものが持つ感覚が新しい!て感じの新聞!
うーん、なんか違うなぁ。
新聞!てゆうより、「NEWSPAPER」 そっちの響き。
ちなみに、読みはペーパーじゃなくて、ペイパーね。
林家じゃないほうの。

まずパッと手にしたサイズが、アノ新聞サイズじゃないんです。
通勤電車で、「横のおじさんよ、ページがデカくて顔に当たるっての!」てゆうんじゃなくて。
タブロイド版。
私の体格にピッタリなスマートサイズ!
いや、うん。
体格にあわせると、アノ新聞サイズより、巨大になりそうだけど。(逃

ページ数も40ページとしっかり内容があって、オールカラー
オールカラーを活かすかのようにね、紙面も白い上質紙。
文章に加えて、写真がたくさんある方が 内容も臨場感溢れて
分かりやすいですよね。
写真はやっぱり、再現力のあるカラーの方が伝わりやすいんだろうと思います。
それに、コーナーの区切りなんかもカラーになってると、分かりやすいし、
新聞というより雑誌感覚で読めるというか。
紙質がいいので、立てて読んでもペラリんダラりんとならないし、通勤とか良いかも。
私は日々ダラりんと生活してますけど。
オッパイもついでにペラりんですけど。
って、ほっとけ。
新聞独特のインクが手につかないのは乙女的に嬉しいところ。
中面に「ART CAFE」て部分があって、これは抜き取り可能。
IMG_9871.jpg
この部分は、写真メインな見せ方だったり、娯楽系の内容が多いのです。
IMG_9876.jpg
写真ドーン!
白い紙だからこそ映える写真の色。
それにこの大胆な写真使い。
第35回大胆な主婦選手権 優勝候補の私ですが、EXもなかなか大胆です。
んもーう、EXに勝つには、私、ブログで脱ぐしかないかしら。(やめなさい
家族のために頑張るダンナ君には、EX本体部を持っていってもらって、
私用に「ART CAFE」は通勤に持っていかず、家に置いていってね。て感じ。
IMG_9875.jpg
そう、私にはが必要なの。ポッ
テレビ番組欄は「ART CAFE」にありです。ウフフフ

EXが新聞というより、「ニュースペーパー」な感覚だという1番の理由はやっぱり
IMG_9873.jpg
横書きなのです
すごいよね。
新聞全てがコラム的な印象を受けて、スルスル文字が読める感じです。
内容1つ1つについても、↑こーんな感じで区切りが分かりやすく読みやすい。
ほら、私、若干アレなもんで、新聞読んでると、続きを見失うことがあって。デヘ
文章が次の段に行くと、続きが迷子で。
首相が会議に出席してたはずなのに、いつの間にかマグロ漁業の話になってるという。
「え?!首相ってマグロなの?!」みたいな、ね?
新聞上に、世にも不思議な世間のお話が広がるわけです。
EXだと迷子にならなくて良いね!
良かったね、私。(しっかりしろ

他に私がビックリしたのは、内容の切り口
IMG_9878.jpg
右面、何についての記事でしょーか?
答えは、ここ数年で驚異的なGDPの成長を見せる中国の話。
オサレそうなレストランの写真とともに、日本財団・笹川陽平会長のブログの小話。
ともすれば、ガチガチに堅くなりそうな内容を、サラッと軽いタッチで
伝わりやすい言葉で報じる。
平成ジャンプな私に(ぇー ピッタリな感じで受け止めやすいです。

購読者の8割が新聞無購読者だったってのが納得できる
とっかかりやすい、良い意味で新聞らしくない新聞。
若干、チューヤンに似てた(←注釈いらない)平田編集長は、
IMG_9231.jpg
「ネット連動型」の新聞だとおっしゃってました。
フム。カラーだしね。切り口も、「新聞屋さんの」新聞というより
もっと生活に入りやすい感じだしね。

私も、ネットでニュースを流し読みしたりするけど、
今回「EX」をいただいて、改めて「新聞」の良さを感じたんです。
「新聞」ぽくない新聞から、「新聞」の良さを感じるなんて、
なんか不思議な想いなんですけど。
ネット時代で、自分の好きなように情報を集めることができるんだけど、
新聞がネットと違うのは、強制的に情報を入れてくれるってこと。
普段、興味なくてネットだとスルーする部分も、
新聞だと、表題だけでも、写真だけでも強制的に目に入ってくるんですよね。
それが新たな取っかかりになって、自分の興味や視野が広がったりするのかなと。
まして、内容や文字の使いが、「EX」のように分かりやすくまとめてあると、
経済面や社会面、政治など「難しそう」な部分にも入っていける。
新聞って、改めて媒体としてのパワーがスゴイのね、と思いました。

このボリューム&内容で1部売り100円
ヘタすりゃ缶ジュース1本より安いこのお値段。
定期購読だと、1ヶ月 2100円てゆう安さ。
かなりビックリしました。
IMG_9870.jpg
「SANKEI EXPRESS」
なんだか、とても新感覚な新聞なのでした。
新聞というより、NEWSPAPERね。
読みは、ペーパーじゃなくてペイパーね。
林家じゃないほうの(しつこい


首都圏で無料お試し購読もなさってますので、チェケラッ!→コチラ
近畿圏でのキャンペーンもあります→コチラ
スポンサーサイト
2008.07.23 22:20 | | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://hutagorian.blog86.fc2.com/tb.php/830-889cae83